Q.労災に遭ったが、今後の流れが分からない

Q.労働災害に遭ってしまいました。まずは何をすれば良いでしょうか。

A.まずは労災保険の申請を行い、会社が協力してくれないなら弁護士に相談してください。

ヘルメット

労働災害に遭ってしまった場合、怪我を治療するための治療費などがかかりますし、また会社を休まなければならない場合、その間の収入が得られないのではないか、といった不安に駆られると思います。

まずは労災保険の申請を行い、今後の生活に必要な補償を受けましょう。

労災保険金の給付により、次の補償を受けることができます。

・治療にかかるお金(療養補償給付)
・働けなくなったことで得られない賃金(休業補償給付)

群馬で労働災害に遭ってしまったら、適切な補償を受けるためにも、労災保険の給付申請は必ず行う必要があります。

どこに申請すればいい?

労災保険の給付申請を提出する先は、原則として勤務先の本店所在地を管轄する労働基準監督署です。

出張先でケガをした場合でも、本店所在地を管轄する労働基準監督署となります。

勤務先が群馬県内の会社であれば、管轄は下記より確認が可能です。

【関連リンク】管轄地域と所在地一覧(群馬労働局)

会社が労災保険の申請に協力してくれないなら、すぐに相談を

事業主(会社)の中には、労働災害が起きても労災保険の申請に協力してくれないケースもあります。

そのような場合は、すぐに群馬の弁護士にご相談されることを強くおすすめします。

会社が「労災申請をしないでくれ」などと言っている場合は、こちらをご覧ください。

労災保険の給付よりも多い慰謝料を受け取れる可能性も

更に、労災保険の給付以外にも、会社から慰謝料を受け取れる可能性があります。

会社に安全配慮義務違反があった場合は、会社に対して損害賠償請求を行う事によってさらに多額の手当てを受け取ることが可能になるケースが多いです。

労働災害の賠償についても熟知している弁護士であれば、ご依頼いただくことでこれらを一挙に担い、スピーディーに進めることができます。

労災事故に遭ってしまい、不安や悩みのある方はぜひ一度、群馬県高崎市の山本総合法律事務所にご相談ください。

ご相談は来所やお電話でも可能で、相談料は無料です。

まずはお気軽にお問い合わせください。TEL:0120-783-981 相談受付時間:平日9時~20時(土日応相談) メールでのお問い合わせはこちらから